理想のリフォームを行うためのチェックポイント集

業者を選ぶうえで肝心なことは

お金の扱い方で業者の良し悪しが分かる

残念ながら悪質なリフォーム業者も存在します。

まず、相見積もりを嫌う業者は避けるのが無難です。相見積もりで金額や施工内容に違いが生じた場合、その理由や意味合いを尋ねるわけですが、答えがあいまいだったり、細かい点を理解していないように見受けられる業者も避けましょう。

施工内容や金銭面の確認などを、おざなりに済まそうとする業者も避けるべきです。

一般に建築やリフォームの代金は、施工前に支払う着手金、施工中に支払う中間金、そして施工完了後に支払う残金などに別れます。中には施工前に全ての代金を要求する業者も存在するようですが、こういう業者は資金繰りが苦しい場合が多く、信用できないと判断すべきです。施工中の中間金を求める業者も、怪しいと判断するのが無難です。

経営が順調な業者なら、施工前や施工中に多額の代金を必要としません。冷静な判断が大切です。

臨機応変な対応ができる業者と協力し合おう

図面や書類などのチェックをしっかり行って契約を済ませ、いよいよ施工を開始すると、外側からは分からなかった家屋の傷みなどが発見されることがあります。
最初の見積もり金額のままで施工が済むとは限りません。

そういう事態になった際にどうするか、事前に業者と話し合っておくべきでしょう。不測の事態を施主に速やかに報告し、できるだけ安い費用での善後策を提案してくれる業者もあります。
しかし難の発生を隠して施工を急ぐ業者もあるようですし、逆に必要以上の追加費用を請求する悪質な業者がいるかも知れません。

施主の立場で行えるのは、業者との連絡を密にし、お互いが率直に話し合える関係を築くことです。また可能な限り現状の確認も行いたいところです。

施工が完全に終わってから手直しをするよりも、施工中に手直しを依頼するほうが、手間も費用もかかりません。施工が始まって以降も、業者とのやりとりは確実に行いましょう。

TOPへ戻る