理想のリフォームを行うためのチェックポイント集

リフォームで素敵な住まいを得よう

みんなの思いをまとめ住まいを快適に

リフォームの最初の段階は、住まいをどう改善したいのか、居住者(家族)全員の意見をまとめることです。これは意外に手間と時間がかかります。
それぞれ事情も違うでしょうが、誰かが独断で方針を決めて、他の家族が我慢するようだと、家庭争議の原因にもなりかねません。

日頃から雑誌や広告などで住宅や店舗の情報を集めておき、お手本にしたい外装や内装の写真を元にしながら、家族の意見を出し合うのも良いでしょう。

またリフォーム前に、専門家から家屋の診断をしてもらうという事例も増えています。家屋の傷み具合などをプロの目でチェックするわけです。
床下や天井裏などは、素人ではチェックしづらいもの。プロの診断なら安心度が高いでしょう。

このチェックは、実際にリフォームする業者とは別の、独立した業者に依頼するのが良いかも知れません。別の業者に依頼することで、トラブルが発生したときの対処がしやすくなるからです。

良い業者が決まれば半分は成功かも

業者選びはリフォームで最大の難関です。

新築メインの工務店(大工さん)、リフォーム専門の業者、設計会社といった、建築設計に直接関わっている業者もあります。また不動産会社や、ホームセンター、大型家電販売店など、直接は建築設計を行っていない業者(多くの場合は下請け業者が施工)も増えています。それぞれにメリットやデメリットがあるわけです。

一般的に、増改築を含む大掛かりなリフォームは、建築設計に直接関係している業者が向いているでしょう。

内外装の補修や、キッチンだけ、トイレだけといった小規模のリフォームは、建築設計に直接は関係していない業者に頼む方が安い場合も多いでしょう。量販店でシステムキッチンや洗浄便器を安く買い、施工は下請け業者に任せるわけです。

複数の業者から相見積もりをとり、細かく打ち合わせを行って、その過程で業者の人間性、仕事の確かさ、施工後の対応の良し悪しなどを探るのがお薦めです。

TOPへ戻る