あなたの理想のリフォームにするなら

理想のリフォームを行うためのチェックポイント集

家族みんなが安らかに暮らせる住まいのために

かつて日本の家屋は老朽化が早く、30〜50年ほどで建て替えるのが当然でした。しかし今は年数のたった住まいをリフォームし、より長い年月、家屋を使用し続ける例が増えています。
古い家屋を新しい家屋に建て替えると、それだけ資材を使うことになり、多大な費用も必要。世の中がエコ志向になった今日、住まいのリフォームはさらに広がっていくでしょう。

さて、リフォームに関しての説明をしたいと思います。
リフォームは、汚れたり傷んだりした家屋の補修といった意味合いの言葉です。一方で、部分的な改築や増築などは、リフォームを上まわる内容を別の言い方で表す場合が多いようです。
しかしリフォームとは、意味合いが厳密に違うわけでもありません。ここではすべてを合わせて「リフォーム」という言葉で説明していくことにします。

最初に考えるべきなのは、住まいを建て替えるべきか、あるいはリフォームするかの選択です。

築年数が30年以上で傷みの激しい家屋は、思い切って新築するほうが良い場合も多いでしょう。特に1981年以前の古い耐震基準で建てられた家屋は、安全のために建て替えることが推奨されます。
築年数がもっと若く、大切に使われた家屋ならば、リフォームを考えたほうがいいかも知れません。

リフォームは予算が安く済む場合が多いのが最大のメリットでしょう。廃材もあまり出ないので、建て替えよりもエコになります。またリフォームは家屋に居住したままで施工できる場合が多いので、建て替えの場合と違い別の場所で仮住まいする必要もありません。

ただし建て替え(新築)に比べると、費用のローン制度が充実していないのは弱点です。建て替えと違い、部屋数や間取りを大きく変えることは難しくなります。リフォームと建て替えとどちらにするかは、最初に熟慮すべき項目と言えるでしょう。

TOPへ戻る